エンド営業へのヒアリングを試行錯誤中の話

本記事は誰の悩みも解決しませんが、僕の悩みを書き留めたく執筆しています。

エンドユーザーから直接仕事をもらうことって多くはない(2020年12月時点)のですが、たまに

悩んでいる人

サイト作ってほしんだけど、いくらでできるの?

とお問い合わせをいただくことがあります。

その際に、ヒアリングシートを送付するようにしているのですが、どのようにすれば良いのかちょっと迷っていて備忘録として現在のヒアリングシートを残しておこうと思います。

スポンサーリンク

目次

サイト制作の流れを整理

ヒアリングシートの前に一度、案件依頼から納品までの一連の流れを整理しておきます。

どのタイミングでヒアリングシートを使うのかも重要なので。

STEP
案件依頼を受ける
STEP
ヒアリングシート共有
STEP
ミーティング
STEP
見積書・仕様書・サイトマップ作成
STEP
請求書作成
STEP
入金(半金)
STEP
デザイン
STEP
実装(WordPress/LP)
STEP
納品
STEP
請求書作成
STEP
入金(半金)

基本はこの流れで案件を受けてから、納品までを行っていきます。

このSTEP4が結構大変なんですが、僕はオンラインスクール”デイトラ”独立サポートというサービスを利用してプロのテンプレートをいただけたので、めっちゃ助かりました。

オカ

本当にオススメのサービスです。実力はあるけど、営業方法がわからいって人には是非使って欲しいサービスです。
実質無料で受けられます。

\ オススメ /

もっと詳しく知りたいっ人は、僕と同じ時期にサービスを受けていたヤスオカ(@asonde9rashitai)さんの動画が結構参考になります。

大学生なのに、2ヶ月で200万以上売り上げをだしたすごい人です。笑

一応、こちらのサービスを受けるとヒアリングシートもいただくことができるのでそれを使っても問題ありません。

ただ、自分はもう少し効率化してみたいと思って色々試している段階です。

現在のヒアリングシート

現在、ヒアリングシートを2種類準備しています。

もともとはnotionでヒアリングシートを作成して、それだけあればいいかなと思ったのですがどうやらnotionのアカウントを持っていないと入力自体できないようでした。

↓こちらが僕が実際に使おうとしたヒアリングシートです。

Okada on Notion
ヒアリングシート Webサイト制作のご相談頂き、ありがとうございます。 こちらにヒアリングシートをご用意させて頂きましたので、分かる範囲でご入力頂けますようお願いします。

基本的にサイト制作の進捗管理とかもnotionで行っているので、できれば一元管理したかったのですが別の方法を検討することにしました。

そこで今は、GoogleFormに同様の質問を準備して回答してもらうことにして、今は運用しております。

Google Docs
サイト制作ヒアリングシート サイト制作のためヒアリングシートに回答する。

実際に1件GoogleFormからお問い合わせをいただきましたが問題なく運用できそうなのでしばらくは下記のようにしていこうと思います。

■直接会えるクライアント様
→質問したことを、僕がnotionに落とし込んでいく。

■オンラインからのお問い合わせ
→GoogleFormから回答をしてもらう。

ネット周りに詳しくない人は、GoogleFormから入力でも心理的ハードルが高そうなので会えれば直接あってヒアリングした方が良さそうだなと思ってます。

まとめ

これから、エンドのお客様とのお仕事もふやしていければと思っているので自分なりに確率したやり方を模索していきたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる