Live Sass Compilerが動かないときの対処法【結論:sassファイルを作りましょう】

悩んでいる人

Live Sass Compilerが動かないんだけど。
Watch Sassがでない。

本記事では、Live Sass Compilerを導入したにも関わらず動かないって悩みを聞くことが多いので解決方法について解説します。

これが出ないことが多いみたい。

Live Sass CompilerはVScodeで手軽にSassを書ける環境を作ってくれます。

ベンダープリフィックス(-webkit-transform)←こういうやつを自動でつけてくれたりもするので、非常に便利です。

オンラインスクールデイトラ内でもLive Sass Compilerを使ったSassの書き方を勉強することもできますので興味があれば。

オカ

それではお悩みを解決します!
めっちゃカンタンなので試してみてね!

DartJS Sass Compiler and Sass Watcherの使い方を調べていたらこちらの記事にアクセスしてきた方も多く見えるため、DartJS Sass Compiler and Sass Watcherの使い方とよくあるご質問・エラーについてまとめました!

スポンサーリンク

目次

解決方法:Sassファイルを作る

Live Sass Compilerの拡張機能をインストールしたのにも関わらず、Watch Sassが出てこない場合にはSassファイルを作ってあげましょう!
style.scss
※styleの部分はなんでも可です。

これを作成するだけで解決します。
実際に動画を撮ってみました。(音声なしです。)

もしこれでも、Watch Sassが出ないよって場合には、VScode再起動して試してみてください。
それでも動かないときは、Twitterからでもよしですし、デイトラ受講生の場合にはSlackにてご質問ください。

まとめ

Sassは使えるようになると非常に強力です。

Live Sass Compilerを使ってWEB制作ライフを更に快適にしていきましょう!

オカ

僕がメンターを務めるデイトラという国内最大規模のオンラインスクールでは、sassを使ったコーディングについても学ぶことができます!

もし興味あればどうぞー!
全コース10万以下で受講できるということで、オンラインスクールの中でもかなり安いです!
Twitterとかでも#デイトラで発信している人が多くいるので、評判とか見てみると参考になると思います!

デイトラとは?

業界最安級でWEBスキルを学ぶことができるオンラインスクールになります。

LPを見るだけで楽しく学習できそうですよね^^

特徴的なのが1日1題のステップで学習を進めることができるので、忙しい社会人や子育て世代の方も多く受講しています。

また、業界最安級ということでどのコースも10万円以内で受講できるというのも人気の理由の1つです!

また、メンターと呼ばれるそのコースのプロフェッショナルが学習をサポートしてくれるので、安心して学習を進めることができます。

オンラインスクールなので、いつ・どこでも自分のペースで学習を進めることができるのも魅力ですね!

あと、個人的にかなり魅力を感じているのが、”閲覧無制限&アップデートされるカリキュラム”という点です!
閲覧無制限なので、教材をやり終えたけどまた見たいと思ったらいつでも見ることができます。
そして、日々教材がアップデートされているのですが、追加コンテンツもお金を払わずに見ることができます!!!

Twitterでも#デイトラをつけて呟いている人が多くいるので、一緒に学習する仲間も見つけやすいので楽しく学習を進めることができると思います!

デイトラは、教材アップデートのタイミングで教材の値段があがることがあります。(当たり前か)
けど、既に買っている人は追加のお金を払わずに見ることができる。

ということで、もし迷っているなら値段が高くなっていく前に購入するのがオススメなのです^^
迷っている時間も勿体ないですしね。その間に他の人はどんどん新しいことを学んでいるという…。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる