Macでスクリーンショットのファイル形式をjpgに変更する方法

今回は、Macを使っている方向けのちょっとしたTipsの紹介です。

Macでスクリーンショットをしたときに作られる画像ファイルは、標準だとpngなんです。

pngもいいんですが、場合によってはjpgが欲しいって時もあると思うので、それを変更する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

目次

ターミナルに入力

あまりパソコンに詳しくない方だとターミナル自体使ったことがないかもしれません。

標準で入っているので、finderからこんなやつを探してみてください。

開くと黒い画面になります。

ここで下記のコードを入力します。それだけで、png → jpg に変換してくれます

defaults write com.apple.screencapture type jpg

悩んでいる人

こんなになんだか黒い画面使えると便利そうだなぁ

ファイルのサイズ比較

jpgの何がいいってpngと比較して、ファイルが軽いことですね。比較すると、pngはサイズがjpgと比較すると6倍以上大きい。。

多少画質は落ちますが、心配するほどのことでもないようです。

一応両方の画像を寄せておきますが違いわかる人いるのかなってレベルですね。

jpg(750KB)
png(4.3MB)
オカ

ターミナルを使いこなせばできることが多そうだなぁ

pngファイルに戻したいとき

最後のjpgをpngに変えれば、png形式に戻すことができます。

defaults write com.apple.screencapture type png

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる