Shopifyのテーマ開発のときに使えるハックまとめ

悩んでいる人

Shopifyのテーマ開発しているけど、もっと効率よくやりたい。
まとめられている記事ないかなぁ。。。

といったニッチな需要のため、現在Shopify案件の受託制作企業で働いている僕が、開発現場で使っているハック(テクニック)を本記事でまとめていきます。

現場で教えてもらったことを中心にまとめていきますので、かなり使えるハックが多いのではないかと思います。

それでは、いってみましょー!!

スポンサーリンク

目次

チェックボックスを押したら、クラスを付与する

例えば、ブログセクションを2つ作って、1つはスライダー機能をつける、1つはスライダーなしにするといった要件があったとします。

スライダー機能は、 slick.jsを使うと非常に簡単に実装することができます。 任意のクラス名(今回はslider)を親コンポーネントにつけて、jQueryを書くだけです。(公式サイト)

<ul class="slider">
    <li><a href="#"><img src="images/01.jpg" alt="image01"></a></li>
    <li><a href="#"><img src="images/02.jpg" alt="image02"></a></li>
    <li><a href="#"><img src="images/03.jpg" alt="image03"></a></li>
</ul>
$('.slider').slick();

なので、共通のセクションでスライダー機能をつけるかどうかはsliderクラスを付与するかどうかで管理ができそうですね。

では、どのように実装していくのかをみていきます。

まず、下記コードを対象のファイルの記述しまう。

show_slidertrueのときに変数slider_classblog-sliderのクラスを代入するといったコードです。

{% if section.settings.show_slider %}
  {%- assign slider_class = 'blog-slider' -%}
{% endif %}

そして、blog-sliderを埋め込みたい箇所に変数slider_classを記述します。

<ul class="slider {{slider_class}} ">
    <li><a href="#"><img src="images/01.jpg" alt="image01"></a></li>
    <li><a href="#"><img src="images/02.jpg" alt="image02"></a></li>
    <li><a href="#"><img src="images/03.jpg" alt="image03"></a></li>
</ul>

あとは、管理画面上で管理するために、schemaに定義します。

{% schema %}
.
.
.

  "settings": [
    {    
      "type": "checkbox",
      "id": "show_slider",
      "label": {
        "ja": "スマホサイズのときにスライダーにする"
      },
      "default": false
    }
  ],
.
.
.
{% endschema %}

ここまで記述すると管理画面でスライダーにするかどうかを管理ができるようになります。

スライダーあり
スライダーなし
オカ

ユーザー側で簡単に選ぶことができるようになるので非常に便利ですね!

共通コンポーネントだけど一部別のCSSを当てたい

無駄にコンポーネントを増やさないテクニックの1つです。

Shopifyでは、セクションを作成するとShopify側でコンポーネント毎に自動でidを付与してくれる仕組みがあります。

各セクションごとに独自のidを付与

これを利用すると非常に便利に開発ができるのです。

まず、管理画面にカスタムCSSを記述できるようにschemaにて定義します。

{% schema %}
.
.
.

  "settings": [
    {
      "type": "html",
      "id": "css",
      "label": "カスタムCSSの追加",
      "info": "styleタグを除いて記述してください。"
    }
  ],
.
.
.
{% endschema %}

これを記述すると管理画面に、管理画面でCSSを記述できる箇所ができます。

例えば、見出しをこのセクションだけ微妙に変えたいときには、こんな感じで記述します。

このセクション固有のidに見出しクラスをつけて、styleをあてる感じですね。

idは検証画面にして対象のセクションのものをコピペしましょう。

あとは、管理画面で記述したコードをファイルに埋め込む必要があるので、対象のファイルに下記を記述しておきます。

<style>
{{ section.settings.css }}
</style>

これで、管理画面で記述したCSSが反映されるようになりましたね。

まとめ

随時更新をしていく予定です。

更新した際には、Twitterとかでアナウンスしますんでよかったらフォローもお願いします〜

あと、これからShopifyを学習していく人はこちらの動画をオススメしておきます。

Udemyでセール時に1500円ほどで購入可能です。

Build a Shopify Theme From Scratch

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる