Shopifyで購入制限をかける方法とは?「有料アプリLimitsify – min/max limits」での実装方法について

悩んでいる人

Shopifyで商品の購入を「1人1個まで」に制限がしたいけど、どうやってやればいいんだろう?

本記事では上記の悩みを解決します。

本記事の信頼性

30歳から異業種への転職をして、Shopify Experts企業で1年半ほどフルリモートで勤務していました。
ShopifyやWordPressのお仕事をすることが多いのですが、現在フリーランスとして働きながら、WEB開発の学習をしております。

仕事で毎日Shopifyを触っているのですが、お客様から「1人1個まで」の制限をかけたいというご要望を頂く機会がありまして、その際に色々と調査したのでその内容について解説します。

「1人1個まで」の制限をかけるメリット
・在庫数が少ない時に、多くのお客様に商品を届けることができる
・限定感を出すことで、商品の希少性を高める演出
・転売対策になる

本記事の内容
  • 「1人1個まで」の制限をかけることができるアプリについて

本記事では、アプリで簡単に実装する方法について解説していきます。
コードで実装する際には、商品購入にダイレクトに関わる部分なので、実装後に十分なテストを行ってくださいね^^

さぁ、それではいってみましょう!

スポンサーリンク

目次

Limitsify – min/max limits【有料アプリ】

Min&Max Limits by Limitsifyというアプリで実装していきます。

こちらのアプリは結構多機能で「1人1個まで」という制限以外にも、下記のような機能をストアにつけることができます。

Min&Max Limits by Limitsifyでできること
  • 合計金額で制限をかける
  • アイテム数で制限をかける
  • 同アイテムの制限をかける
  • 一部の商品にだけ、購入制限をかける
  • 重量で制限をかける

今回の記事では、「1人1個まで」の機能の説明に絞ってしてきますね。
※Min&Max Limits by Limitsifyのアプリについては別記事にていずれ書いていきます。

ちなみに、こちらのアプリはインストール後10日間は無料で使用できますので、少し試してみたい場合にも安心して試すことができます!

無料期間終了後は、$4/月、$7/月のプランを選んでください。

$7/月プランでは、
・制限付き商品をカートに入れたときに通知を表示することができます。
・1日/1週間/1ヶ月の制限付きユニット(ハンドメイド/デリバリーにも最適)

オカ

…?
とりあえず、$4/月で基本的な機能はあるので大丈夫でっす!!!

アプリをインストールする

アプリ管理のところから、アプリストアにアクセスして「Min&Max Limits by Limitsify」で検索します。

下記のように、似たような機能を持ったアプリが検索でヒットするのでブタさんのアイコンの選択します。

「アプリを追加する」でストアにアプリを追加します。

「アプリをインストール」でストアにインストール完了です。

これでアプリを正常にインストールできたので、実際にアプリの管理画面に移動します。

こちらがアプリの管理画面になります。

Order propertiesで「購入数の制限」「購入金額の制限」「同アイテムの制限」「重量による制限」がかけることができます。
※今回は、他の制限のの説明は省略します。

オカ

では、管理画面に入ることができたのでここから「1人1個まで」の制限をかけていきます。

「1人1個まで」の制限をかける

By Repeated Itemsから「Create Limit」をクリックします。

①の部分に「2」と入力すれば、「1人1個まで」の制限をかけることができます。
なので、「1人5個まで」であれば「6」と入力すればよいわけですね。

②については、制限をかけたくない商品を選択することで、除外することができます。

考える人

もっと難しいのかと思ったけど、めちゃくちゃ簡単だなー。
一部の商品だけ除外できるのもいいな。
逆に1つの商品にだけ「1人1個まで」の制限もかけられるのか?

オカ

上記のやり方だと、商品全体にデフォルトで制限をかける形になります。
もし1つの商品だけにというのであれば下記のやり方で実現可能です。

Order propertiesではなく、Productを選択します。
あとは、制限をかけたい商品を選んで同じように設定することで一部の商品にだけ制限をかけることができます。

実際の購入画面を確認してみる

実際に購入しようとすると、下記のようなエラーが表示されます。

「1人1個まで」という制御が正しくできていますね!

オカ

アプリを使うとめちゃくちゃ簡単でしたね!
ですが、月額使用料がかかってくるので少しなぁと思う人で、プログラミングがわかるかたであればコードで実装してしまう方法もありです!

エラー文が英語なので、こちらは日本語に修正したおいたほうがよいですね!
下記から、設定可能です。

僕は下記の文言を入れて使っています。
▼下限あり
合計で%{product}個以上購入する必要があります。
▼上限あり
合計で%{product}個以上のお買い物はできません。

まとめ

ということで、今回はアプリで簡単に「1人1個まで」の制限をする方法についてご紹介しました!

どっかで、アプリではなくコードで実装する方法についてもご紹介できたらと思っています^^

では!

オカ

Shopifyについてもう少し詳しくなりたい方には、デイトラというオンラインスクールをオススメしています^^
・プログラミングが分からなくても、Shopifyの基本的な使い方や、案件を受けたときの進め方などについて学ぶことができるストア構築コース、
・Shopifyエンジニアとして活躍していくための、コード編集コースがありますので自分にあったほうを見てみるといいかと思います!

デイトラとは?

業界最安級でWEBスキルを学ぶことができるオンラインスクールになります。

LPを見るだけで楽しく学習できそうですよね^^

特徴的なのが1日1題のステップで学習を進めることができるので、忙しい社会人や子育て世代の方も多く受講しています。

また、業界最安級ということでどのコースも10万円以内で受講できるというのも人気の理由の1つです!

また、メンターと呼ばれるそのコースのプロフェッショナルが学習をサポートしてくれるので、安心して学習を進めることができます。

オンラインスクールなので、いつ・どこでも自分のペースで学習を進めることができるのも魅力ですね!

あと、個人的にかなり魅力を感じているのが、”閲覧無制限&アップデートされるカリキュラム”という点です!
閲覧無制限なので、教材をやり終えたけどまた見たいと思ったらいつでも見ることができます。
そして、日々教材がアップデートされているのですが、追加コンテンツもお金を払わずに見ることができます!!!

Twitterでも#デイトラをつけて呟いている人が多くいるので、一緒に学習する仲間も見つけやすいので楽しく学習を進めることができると思います!

デイトラは、教材アップデートのタイミングで教材の値段があがることがあります。(当たり前か)
けど、既に買っている人は追加のお金を払わずに見ることができる。

ということで、もし迷っているなら値段が高くなっていく前に購入するのがオススメなのです^^
迷っている時間も勿体ないですしね。その間に他の人はどんどん新しいことを学んでいるという…。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次